大山の紅葉を見に行きました。

現在御朱印集めを趣味としており、大山寺に行ってきました。

違う寺の住職から少し遅いと言われましたが、まず大山寺に行くことにしました。

車の駐車場には無事はいれたのですが、凄い人と車でした。

話が後先しますが、車に戻って、さて紅葉を見に大山から蒜山に向かおうとした時は

昼すぎでしたが、駐車場にはいれない車が溢れ大変なことになってました。

話は戻ります。

駐車場は本来の大山寺からは少し離れており、そこまでは少しなだらかな登り坂でした。

なだらかな ほずでしたが、急に角度がつき 急な上り坂 あ~やっと門とおもいきや

階段が 階段が 階段が 足はガクガクします。

肌寒いくらいでしたが、汗ビッショリ いい運動でした。

御朱印をもらい 降りる途中神社があることがわかりそこでも御朱印がもえることが

わかったので 1㌔ほどあるくことに、最初はまたなだらかでしたが、だんだんきつく

またまた汗だらだら。

帰り道に「金門」とい道案内が、くだりなので少し寄り道、これが素晴らしかった。

川原にでました。

門? それは山の切り立った両岸の岩が門のようにというものでした。

その間は水が流れそこは、滝の上、そのそばまで、いくことができて、下をみると

ほんとに滝、両脇やそこから先は見事な紅葉 後ろをふりかえれば、大山山頂が見え

麓は紅葉が ほんとにラッキーでした。

帰りは大山から蒜山まで紅葉ドライブ、確かに少しおそいのかもしれませんが、十分に

紅葉のトンネル十分満足な旅となりました。

我が家の一番小さい子が汁を吐いて驚いた

今猫を探してみたら妹の部屋に3匹ともいました。

最近その部屋にいることが多いのですが、きっと部屋主がいないけども布団が敷きっぱなしで寝るのにちょうど良いからでしょう。

最近猫関連で驚いたことは数日前に一番小さい子がビクビクけいれんしだしてこれは吐くなと思ったら私の部屋の床に汁を吐いたことです。

それから部屋の外、窓台の上と合計3回汁を吐いて何かと思ったのですが、検索して猫が吐く時についての記事を読むとどうやら何か異物が体内にありそれを吐くためのようです。

猫が食べて後で吐かないといけないようなものは当時落花生の塩ゆでが思い当たりましたが猫はそんなもの食べないだろうと思ったものの、妹にそのことを話すと落花生を食べていた時があるとのことです。

それまで一番大きい猫がエサを食べ過ぎて吐くのしか見たことがなく、母や妹もそう言っていたので一番小さい子が吐くのはかなり珍しいことのようです。

やはり歳をとっているほど吐きやすくなるのでしょうか。

一番小さい子が吐くのはそれ以来見たことはなく、今日は屋根の上に出たり元気よく走り回っていたので何も問題ないでしょう。

最近は徐々に寒くなってきましたので猫たちがくっついて丸くなっていることも多くなりました。

さて、雪が降り出したらどうなるのか楽しみにしていましょう。

私の家の庭によく来る猫の話

うちにはよく、のら猫が遊びにきます。

尻尾の下に雌猫にはなく、雄猫しかもたないものが見えたので、きっとその猫ちゃんはオスだと思います。

住んでいるマンションのルールでペットを飼うことは不可。そして私もこれまでペットを飼ったことはありません。

まぁ自分の世話をするので精一杯で、植物を育てても枯らしてしまうような私がネコや犬を飼った日にはきっとストレスで白髪が増えるだろうなと

思います。そんなズボラな飼い主に飼われてしまった動物も可哀想です。

だから気が向いたときにふらふらとやってきて、人の家の庭でごろりと寛ぎ、そして去るという、付かず離れずの

関係が一番好きだったりします。

しかしペットではない割に、けっこう図々しいところがあって、人の家の庭によく落し物をして行きます。

庭に出て鼻を掠めるその悪臭に「あぁ…やられた」と思います。彼らの落し物の臭いって独特なんですよね。

自分の家の猫ではないけど、時々うちに遊びにきては、さも私の家のペットのごとく寛いで行くので、まぁ猫の砂くらいは買ってきても

いいかなと思っています。

ちなみにその猫ちゃんはうちだけでなく近所の公園にも出入りしているようです。夕方近くに近所の公園を歩いていたら、どうも

見慣れた猫がフラフラ歩いています。「彼はこれから夜をどこで過ごすのだろうか。」と思いながらその後ろ姿を見送りました。

フランス語を習い始めました。

フランスが大好きなので、何度かパリに行きました。ちょっと観光地から外れた店では、英語が通じません。

裏道の店で買い物をしたり、小さなカフェでコーヒーを飲みながら休憩したり、マルシェ(市場)で買い物をしたり、そんな旅にあこがれて、フランス語を習い始めました。

実は友人が探し出してくれた、ある大学の社会人向けの講座です。友人に勧められて、一緒に受講することにしました。

教え方の上手な先生で、とても分かりやすく教えてくれます。ただ、自分の記憶力がいかに減退していることか!なかなか覚えることができません。

これが若い時と違うことですね。学生の頃に、もっときちんと学んでいればよかったのに、若い頃は勉強することをなめていたと、今になって反省しています。

学ぶ気持ちが出てくる頃には、体力・気力が衰えてきているのです。情けないことです。

友人と一緒に通っていますので、さぼるわけにはいかず、きちんと通っています。不自由なく買い物ができて、カフェで自由に注文することができるようになろう!と、がんばっています。

でも発音が難しいのです。特に「R」の音が難しいです。うがいをするように、のどをならすように発音するのですが、いまだにうまくできません。

まだまだ先は険しいです。でも~あきらめずに頑張ろうと思っています。小さなカフェで、かっこよく注文ができる日をめざして!

引っ越しの準備が忙しいけど息抜きをしながら作業している

数ヶ月前までは仕事や引っ越しなどの準備が忙しくて、趣味であるテレビゲームで遊ぶことが出来ませんでした。引っ越しの準備などの合間に仕事をこなしていたので、ほとんどテレビゲームで遊ぶための時間が削られてしまう状態でした。しばらくの間は黙々と部屋の整理や不用品の片づけを行いました。かなり疲れて大変でしたが、ここ数日で大分部屋の荷物も片付いてきて、新居に運ぶための荷物も箱に詰め終わりました。まだまだやることはたくさんありますが、とりあえずは一段落したところです。

少しだけ趣味のための時間が取れるようになったので息抜きとしてテレビゲームで遊んだりしています。趣味のテレビゲームで遊んでいると、疲れたことや嫌なことなどを忘れさせてくれるので、やっぱり息抜きはとても大切なことだなとつくづく思いました。また以前よりも仕事にも精が出るようになり、毎日を活き活きと過ごしています。心にもゆとりが出てきたおかげで、これからも引っ越しの作業を頑張っていこうという気持ちが出てきました。これからまだまだたくさんやることがあるとは思いますが、たまには息抜きをしながら頑張っていこうと思っています。新居引っ越してからも趣味を大事にして息抜きをしながら無理せず毎日を頑張っていこうと思います。

大技成功はやはりワクワクします

先日、フィギュアスケートでシニアデビューしたばかりの紀平梨花選手が国際大会でトリプルアクセルを見事に決め今季世界最高得点で優勝しました。中学生の頃からトリプルアクセルを決めていましたが少し安定感に欠けるところがあり、大舞台ではいい結果は残せていなかったものの今期からシニアデビューを果たしました。ショートプログラムこそトリプルアクセルは失敗してしまったもののフリープログラムではコンビネーションを含む2本のジャンプを綺麗に決めました。

これまで日本選手では伊藤みどりさん、中野友加里さん、浅田真央さんとトリプルアクセルを成功させていますが、彼女がこの流れを引き継いでくれました。浅田真央さんが引退した後、アメリカの長洲未来選手がオリンピックでトリプルアクセルを決めた時もワクワクしましたが、今回の紀平選手の成功を見て自分の中で盛り上がりを感じました。

いくらジャンプをまとめて失敗しないノーミスの演技を見てもあまり印象には残りませんが、トリプルアクセルを1発決めるだけで記憶に残ります。それだけ高難度のジャンプに挑戦し、成功させる選手には今後も見たいと思わせる力があるように感じます。紀平選手にはアスリートなので守りより攻める事を貫いてもらいたいなと思いました。

名球会入りを果たした内川聖一選手のトークショー

2017年 プロ野球界では私が応援しているソフトバンクホークスが圧倒的な強さで日本一を奪還しました。

しかし、その中にシーズン中に名球会入り(2000本安打)に残り25本残して、終わらせてしまった選手がいました。

内川聖一選手。大分出身で高校卒業後、今のセリーグの横浜ベイスターズに1位指名され、入団したものの首位打者1度、月間MVPも5度という素晴らしい実力を持った選手が、2011年からFAを行使してソフトバンクホークスの一員となりました。

その内川選手が2000本安打(名球会入)を達成したのが、2018年5月9日の事でした。

ファンも「まだかまだか」と待ち望み、「やっとでた!」というヒットでした。

その3か月後の試合の後に内川選手の「ロッカールーム」がありました。その「ロッカールーム」というのは、ホークス球団が主催した選手の素顔が見られると好評のSoftbank Hawksトークショーです。

もちろん、私も参加してきました。

その時には、もう、内川選手も2000本安打を達成した後でしたので、その話が聞けるのだろうとワクワクしていましたが、試合終了後の開演でしたし、その試合では内川選手が途中交代していたので、「諸事情によりロッカールーム中止の場合あり」チケットに書いてあったので、「中止じゃないよね。」と心配していましたが、集まった約1500人のファンの前に元気な姿を見せてくれました。

1時間ほどのトークショーでしたが、昨年のシーズン中に期待されていた2000本安打については、面白おかしく、それでも苦しい思いをしながらも体調との兼ね合いも併せて、語ってくれました。

今現在は、2000本安打達成したあと、また元気にヒット数を増やしていって欲しいと思う私達、ファン一同です。

そして、今シーズンも日本一へ向かって頑張って欲しいです。