「過去世で恋人同士だった男性」が、夫だった!

私たち夫婦は、いわゆる婚活サイトで出会って付き合って、結婚に至った夫婦です。

ただ、その婚活サイトで活動している時に、お互いに普段は全くしない行動をしたのがきっかけだったので、「どうしてだったのかな?」とずっと話していました。

普段はしない行動というのは、当時私は喫煙者だったのですが、非喫煙者を検索していた夫が、「ちょっと気が向いてチェックを外したら、奥さんが出てきたよ」と言っていました。

普通は、「それでも喫煙者は……」と思ってスルーすると思うのですが、夫はスルーしないで、メッセージを送ってくれました。

私の方は、夫のプロフィール写真が全然好みでなかったけれど、もらったメッセージがとても丁寧で感動して、「返事をしなければ」と思って返事をしました。

結局その半年くらい後に初めて会い、次の年のバレンタインに付き合うことになり……、と、結婚して今に至るのですが。

その話を、以前働いていた職場の先輩に話したところ、「何か運命だったかもよー?!」と言って、個人で活動している占い師さんを紹介してくれました。

「運命」という言葉にドキッとした私は、先輩を通して予約を取ってもらい、占い師さんに会いに行きました。

最初は私一人のことを聞こうと思って行ったのですが、タロットカードを手元に置いたままの占い師さんの方から、「あら、旦那さん、以前にもあなたと恋仲だったね」と言われたのです!

まさか本当に「運命の人」だったとは思っていなかったので、思わず「えー!」と言ってしまいました。

「ヨーロッパの方で奴隷制度があった頃。二人ともガリガリで、貧しかったみたい。ボロボロの服を着てる。10代の中頃かな?将来を誓い合った仲で、でも二人とも若くして亡くなってる」と、占い師さんは私の目を真っ直ぐに見ながら、言いました。

「旦那さんは、死ぬときにあなたと『次に生まれ変わったら結婚しよう』って言って、死んでいったみたいね。だから今、あなたと結婚出来たことが嬉しくて、あなたのことが大好きで、仕方ないのよ。その反面、失うことがものすごく怖いみたい。離れると不安がるでしょう?」……。

占い師さんの言葉に、本当に手が震えてしまうほど驚いて、そして、嬉しい気持ちと感激の気持ちが沸き上がって来ました。

確かに夫は私のことが大好きで、そして、私一人で出かける時はものすごく心配します。

一人で出かけることを心配しているのかと思っていたのですが、「自分の知らないところで失うことがあったら、嫌だ」と思っている、表れだったようです。

「旦那さんは、本当に良いパートナーよ。あなたが『こんなに私のことを大好きで良いのだろうか?』なんて、心配しなくても良いくらい。ただ、あなたも健康には十分気を付けて。旦那さんを置いていなくなるようなことがあったら、……想像つくでしょう?」と言う占い師さんの言葉は、今も私の中を強く支える柱のようなものになっています。

「前世」とか「過去世」とか、ぼんやりしか分かっていなかった私自身が、婚活サイトで夫と知り合ったことだけでミラクルだったのに、「過去世で恋人だった男性=夫」だったなんて!

こういうことってあるんですね!こんなサイトも気になってます。。。