だからカセットコンロのガス缶はこわいんです

最近、スプレー缶がきっかけの爆発・火災のニュースをちらほら見かけます。

スプレー缶は、ガスを使って中のものを吹き出す仕組みで、このガスが可燃性なんですよね。

だから火気厳禁、捨てるときは中身を使い切って空にして出さないといけません。

だいたいは皆さんご存じだと思いますけど、最近では生活スタイルの変化で、危機感が薄れているように感じます。

火気というと、おそらくはマッチやライターの火など、直火を思い浮かべるのでしょう。

しかし、実はそれ以外にも室内は意外と火気が発生するのです。

キッチンのガスコンロや魚焼きグリル、ガス給湯器、石油がガスのファンヒーターなどなど。

これらのそばにスプレー缶を置くと、発火・爆発する可能性が大いにあります。

また、高熱になると爆発するので、電化製品でも熱を発するものの近くに置くと危険。

火気というより、熱が発生するもののそばにスプレー缶を置くな、ということを今一度周知する必要があるのではないでしょうか。

かく言う我が家も、実は節電のためにとガス缶を使うカセットコンロを使っています。

最初はやっぱりガス缶の扱いがこわくておそるおそる使い始めたのですが、カセットコンロそのものは安全を配慮した造りになっていますし、使うととっても便利。

ガス缶のストックは火気がない納戸にしまっていて、必ず使い切って捨てるようにしています。

でも油断しているとうっかり熱源のそばに置いてしまったりしそうなので、いま一度気を引き締めて、管理に注意したいと思います。