やはり最後は運動あるのみ

30歳を目前にした今、数年前に比べて太ってしまった、食べすぎた次の日の体型が戻りにくい、1日経っても浮腫みがとれない…こんな症状を自覚し、本格的にダイエットに取り組むようになった。

まず、20代で試してきたのダイエット法と結果について簡単にまとめた。

・キャベツダイエット→基本的に食事は鍋(メインの具材がキャベツ)のみ、野菜中心の食生活を心掛けることで5kg程度落とすことができた。ただし、食生活を維持することができなくなり、徐々に体型が戻ってしまった。

・糖質制限→1-2ヶ月という短期間で2-3kgの減量に成功。米、パンを徹底的に抜き、毎日糖質を計算しながら生活した。しかしこれも、継続することが難しく一気にリバウンドしてしまった。

他にも食生活のみを改善し一時的に減量に成功、またリバウンド、といったダイエットを何回も繰り返してきた。

https://note.mu/ketoyase

そしていよいよ体型維持が難しくなってきた20代ラスト、これまで手を付けてこなかった運動に着手した。トレーナーさんに指導を仰ぎ、筋トレ中心のメニューを組んでいただいた。やはり食べることは好きなのでそこはもう自由に、食べ過ぎることだけ避ければOK,と軽いルールのみ儲けた。

筋トレと軽い有酸素運動を週に2回、3ヶ月経過し、減量はゼロ。しかし、鏡で見た姿に明らかに違いがあった。主に筋トレでメインとして下半身を鍛えてきたため、腰回りが一回り小さくなっていることを実感できた。

年齢とともに代謝も落ち、食事制限だけではどうにもできなくなる、今後も筋トレを中心とした運動によるダイエットを継続し健康的に痩せられるような生活を目指していきたい。