グルメ激戦区の甲子園口界隈で不動の地位を築き続ける中華料理店がこちら

阪神タイガースの本拠地である甲子園球場近くにあるJR甲子園口。ここは閑静な住宅街でありながら、ほんわか商店街を中心に広がるグルメ激戦区にもなっています。昔ながらの雰囲気を残しつつ、その魅力にひかれた若手オーナーさんたちが続々と新店舗を立ち上げ、進化し続けるエリアです。

大阪府のアップライトピアノ買取情報

新店舗が立ち続ける中、昔からあるスタイルを維持し続けるも不動の地位を誇る中華料理店があります。それがこちら「甲子園飯店」。ほんわか商店街の横をちょっと入った場所に佇むこちらの中華料理店は、気軽に立ち寄れる雰囲気でありながら本格的な味を楽しめるとあり、昼夜問わずお客さんが絶えないお店です。ランチタイムにはママ会に利用されていることも多く、女性のファンも多くいます。

店内に入るとカウンター席があり、その奥へ進むとテーブル席が。さらに奥には落ち着きある部屋があり、宴会にもおすすめ。

ランチタイムは平日限定の500円ランチが好評。油淋鶏にごはんとスープが付き500円とは何とも嬉しい内容です。また日替わり定食など定食類も豊富に揃っています。コースは3000円くらいから。単品メニューも前菜から炒め物、揚げ物、蒸し物など豊富に揃う中、おすすめは四川風麻婆豆腐。レベルが1から10まであり、万人受けするのが1.5になると辛い物好きの方でないと食べることができなくなる辛さに。6以上はお店から注意書きがでるほどの激辛となります。レベル5は、確かにシビレル辛さですが、旨みも感じることができ、一度食べると病み付きになる味。大エビチリソースは名前の通り、エビが大きくプリプリ感が病み付きになるエビチリです。

気軽な500円ランチから本格フカヒレなどまで味わえる甲子園口の甲子園飯店は、これからも地元の方々に愛され続ける中華料理店となっていくことでしょう。