台風発生がゆっくりは不自然な空模様

本来なら7月の下旬から夏の気温ピークで、8月は本格的な夏であるのに夏日や真夏日の気温が9月。

毎年の天気を例とすれば近年の気象状況というもので、真夏日から猛暑日という気温もある、夏らしいという気温に変化はないけれど。

規則正しい日本の四季に沿った天気と気温は、環境改善でオゾン層が回復しない限り正常化しないのではという考え方になります。

でもこの9月の初旬天気ですごしてみれば、気温が30℃より高くなったり35℃という日もあったけれど、数日単位でみると秋の季節も存在しています。

どういう感じかというと朝晩は8月の台風通過で涼しくなり秋の空気、これも一面でちゃんと夏気温だけれど、いつもの夏より気温低下するのが早いですね。今年は8月と9月が台風集中の時期、特に8月中旬からは春の特色の様な雨が降るごとに気温が低下した。例年は雨が降っても夏の特徴というもので蒸し暑くなり、秋みたいに涼しくなっていなかったですけれどね。

ここの処の天気からすれば、秋の特徴と夏のなごりが同時期に発生、初秋というのでもないしすっぽりの夏でもないという状況、衣類のスタイルは同じくらいですが動けば体温も上がる。夏なのか秋なのかというすっきりしない天気状況で、僅かに季節がシフトしつつあるのは室温調整、空気のコンディションに使用するのは扇風機がメインになっています。

たまに夏のなごりで気温上昇すれば空調も必要ですが、不順お天気や変則的な現代は季節のシフトが完了するのがゆっくり、四文字で表現すれば中途半端という言葉、暑いなとすごしていれば早速という感じで台風が北上しクールな気温。キーワードは夏の様になったり、すっかり秋という気温の日もあるという気温差、考えてみれば自然状況だから高い気温と低めで経過しつつ、夏から秋にシフトですが不自然な感覚。

この不自然な天気の原因は多分2016年の台風状況、ゆっくりで発生しピンポイントで集中という点、複数の台風通過ですっかり秋と感じたのはこの空模様がもたらした産物だった。四季折々の天気の安定は日常の安定感、環境改善と言うけれどよい方向性で正常化は数年後のことかなと考える。