女性へのプレゼント

以前、僕の女友達からこんな話をされました。

「ねぇ、女に化粧品送る男って、どういう神経してんの!?」

相当腹を立てているらしく、

彼女は凄まじい勢いで文句を言っているのですが、

あまりに喋るのが速いために聞き取れません。

ひとまずコーヒーをおごり、ゆっくりと話を聞いてみました。

概要はざっくりと、以下のような内容です。

彼女の知り合いに、最近何かと彼女にアピールをしてくる男性がいるとのこと。

とはいえ彼女にその気は無く、さりげなくお断りの旨を伝え続けているのですが、

一向に効果は無く、その男性はしつこいくらいにアピールを続けてきたとか。

そして、僕が彼女の激怒の理由を聞くことになった前日、

その男性がプレゼントを渡してきたのだそうです。

「最近、評判の化粧水なんだ。良かったらどうかなと思って」

そう言って、綺麗にラッピングされた化粧水と紙袋を渡し、

「今度、良かったら食事でもどうかな」などと誘ってきたそうなのですが……。

「ありえないと思わない!? 化粧水よ!?」

彼女はそのプレゼントに対して、大層御立腹のようでした。

「まるで私の肌が荒れてるって言ってるようなもんじゃない!」

……なるほどな、と思いました。

男性の側としては、気を利かせたプレゼントだったのかもしれません。

女性なら、評判の化粧水なんか喜ぶんじゃないか、と。

ただ、女性の立場から考えた場合、話は大きく変わってしまうでしょう。

女性は当然ですが、自分を魅力的に見せるために化粧をします。

それぞれに化粧品の好みもあるでしょうし、

化粧水のような肌に影響を与えるものは、体質なども大きく関係します。

その女性が自分をいかに美しく見せるかを考え抜いて、

自分が思う最高の化粧を施したにも関わらず、

そこで「この化粧品はどう?」などとオススメしようものなら、

彼女の化粧そのものを否定する形になってしまう訳です。

車好きの男性でしたら、こう例えれば良いでしょうか。

「あなたの車に似合うと思って買ってきたの。プレゼント!」

と言って、全然好みではないステッカーを渡されるような。

……ちょっと違うかもしれませんが。

ともあれ、彼女はその男性に相当キツく「迷惑だ」と告げ、

二度と自分に近付かないで欲しいとまで言ったそうです。

結局、その化粧水はどうしたの? と聞くと、

「突き返したわよ! それでも渡してくるから、ゴミとして捨てるって言ってやったわ!」

と、額に青筋を立てて言い放ちました。

「ねぇ、どういうつもりなの!? 男ってなんなの!?」と詰問され、

多分、化粧というものを理解してなかったんだと思うと説明しましたが、

正直、何で僕が男性代表として怒られる立場になっているのかなと、

非常に微妙な心持になりました。

とはいえ、女心というものをひとつ、学べたような気がします。

良かったのやら、悪かったのやら。