自分は周りとは違うと思わせない育て方

子供はそれぞれ体格も違えば、運動のレベル、学習能力のレベルも様々で、何が良いのか悪いのか答えを出すのは簡単ではありません。しかし、子供は繊細ですぐに自分を周りと比較し、自分は他の人とは違うとネガティブに思ってしまう子供も少なくありません。そこで子供に自分自身に自信を持たせるアドバイスを紹介します。

まず、子供一人一人が違うのは当たり前なので、何か小さな事でも気にしてしまう子供には、「人間は皆少しずつ違う」と言う教育をする事です。例えば運動をものすごく出来る子供がいてもその子が勉強ができるとは限らないし、身長が大きくても体が強いとは限らない、など、色々な例えを出しながら教え込みます。

https://note.mu/issyo

また、どの子供の良い部分を沢山引き出し、その子の特別な才能や港違った良いところなどを教えてあげると自信がついてきます。子供の中には体が不自由だったりと見た目から他の人と違うとネガティブになる子供もいますが、その様な場合でも親は絶対にネガティブな場面を見せず、外に出て色々な人がいる様に、世の中には全く同じで同じレベルの人間はいないと言う事を教育すると、思春期に入っても自分に自信が無くなってしまうと言う時期は短くなります。一番大切なのは子供のネガティブなところに決して同情してはならないと言う事です。