休日の朝寝坊は諦めようと決意した

このところ寝不足が続いていたので、今度の休み(今日)は朝寝坊しようと決めていました。

目覚ましもオフにして、洗濯は昨夜のうちに部屋干ししておき、主人のお弁当はお休みさせてもらうことで、了承を得ていたんです。

なのに、朝5時。

出勤前の主人から、お昼ご飯代をくれと、起こされて。

寝直してうとうとし始めた、朝6時。

近接している隣のマンションの火災報知器の音で叩き起こされ。(誤作動みたいです)

それからは結局眠れなくて、仕方ないから、もそもそ家事をやりつつ、起きていました。

だけど、いつの間にか、こたつでうたた寝。

今度は義母さんからの電話に起こされました。

時間的には30分位しか眠ってないと思うのだけど、こんな時間まで寝ていられて羨ましいわ?と嫌味を言われてしまいました。

寝ぼけてたので、上手い言い訳もできず、ダメ嫁と思われたんだろうな?と、ちょっと凹んでいます。

世代に関係なく好かれていると、なんだか嬉しくなります。

最近8歳ほど年下の人たちと話す機会が多いのですが、世代差をものすごく感じてなんだかびっくりしています。

観てきたドラマや映画、聴いている音楽の違いなど、8歳違えば当たり前に違いができるのでしょうが、普段はそれほど違和感なく会話できていると思うので、好きなものや小さいときに観ていたものの違いを知ると愕然としてしまいます。

そのせいなのか、自分の世代がみんな聴いていたような曲や歌手、バンドマンが好きだと言われるとそれだけで嬉しくなってついつい熱を入れてしゃべりだしてしまいます。おばさんが熱くなってるぞ、と思われているかもしれませんが、自分と同じ世代の人が自分と同じものを好き、という感覚とはまた違ったものがあるように思います。社会の環境や流行が違っても、世代に関係なく自分の好きなものが好まれていると思うとなんだか嬉しくなります。

あまり熱くなりすぎると引かれてしまうと思うので冷静さは保ちたいですが、まだまだ自分の世代に流行ったものの話をしたい気持ちがあるので、年下の人にはなんとかついてきてもらいたいと思います。

もう夏ですね

暦の上では明日から夏になりますね。気温が上がり、なんだか蒸し暑さを感じる、日本特有の気候が迫ってきました。風呂上りに裸でいても、なかなか汗が引かなくなり、季節感を感じます。

早朝海辺をジョギングするのが習慣です。近所の浜では夏から秋にかけてイベントが何回か催されます。そのたびに会場が設営されるのですが。この数日はテントや物見櫓、そして海には大きな筏や赤い浮きが浮いています。もうすぐレッドブル・エアレースが開かれるのです。「空のF1」と呼ばれるこの飛行機レースは、3年前から日本でも開催されるようになりました。昨年は地元日本の室屋選手が初優勝し、大いに盛り上がりましたね。今年はどうなるでしょう。

目玉のイベントとして、ゼロ戦の復刻版が飛ぶそうです。実際に緑色の機体が空を舞うのは、大半の人は見たことが無いはず。盛り上がりますね。

ジョギングから戻り、朝のシャワーを浴びても、やっぱり汗が引きません。夏ですね。アイスコーヒーをペットボトルで買う季節になりましたね。