大技成功はやはりワクワクします

先日、フィギュアスケートでシニアデビューしたばかりの紀平梨花選手が国際大会でトリプルアクセルを見事に決め今季世界最高得点で優勝しました。中学生の頃からトリプルアクセルを決めていましたが少し安定感に欠けるところがあり、大舞台ではいい結果は残せていなかったものの今期からシニアデビューを果たしました。ショートプログラムこそトリプルアクセルは失敗してしまったもののフリープログラムではコンビネーションを含む2本のジャンプを綺麗に決めました。

これまで日本選手では伊藤みどりさん、中野友加里さん、浅田真央さんとトリプルアクセルを成功させていますが、彼女がこの流れを引き継いでくれました。浅田真央さんが引退した後、アメリカの長洲未来選手がオリンピックでトリプルアクセルを決めた時もワクワクしましたが、今回の紀平選手の成功を見て自分の中で盛り上がりを感じました。

いくらジャンプをまとめて失敗しないノーミスの演技を見てもあまり印象には残りませんが、トリプルアクセルを1発決めるだけで記憶に残ります。それだけ高難度のジャンプに挑戦し、成功させる選手には今後も見たいと思わせる力があるように感じます。紀平選手にはアスリートなので守りより攻める事を貫いてもらいたいなと思いました。

名球会入りを果たした内川聖一選手のトークショー

2017年 プロ野球界では私が応援しているソフトバンクホークスが圧倒的な強さで日本一を奪還しました。

しかし、その中にシーズン中に名球会入り(2000本安打)に残り25本残して、終わらせてしまった選手がいました。

内川聖一選手。大分出身で高校卒業後、今のセリーグの横浜ベイスターズに1位指名され、入団したものの首位打者1度、月間MVPも5度という素晴らしい実力を持った選手が、2011年からFAを行使してソフトバンクホークスの一員となりました。

その内川選手が2000本安打(名球会入)を達成したのが、2018年5月9日の事でした。

ファンも「まだかまだか」と待ち望み、「やっとでた!」というヒットでした。

その3か月後の試合の後に内川選手の「ロッカールーム」がありました。その「ロッカールーム」というのは、ホークス球団が主催した選手の素顔が見られると好評のSoftbank Hawksトークショーです。

もちろん、私も参加してきました。

その時には、もう、内川選手も2000本安打を達成した後でしたので、その話が聞けるのだろうとワクワクしていましたが、試合終了後の開演でしたし、その試合では内川選手が途中交代していたので、「諸事情によりロッカールーム中止の場合あり」チケットに書いてあったので、「中止じゃないよね。」と心配していましたが、集まった約1500人のファンの前に元気な姿を見せてくれました。

1時間ほどのトークショーでしたが、昨年のシーズン中に期待されていた2000本安打については、面白おかしく、それでも苦しい思いをしながらも体調との兼ね合いも併せて、語ってくれました。

今現在は、2000本安打達成したあと、また元気にヒット数を増やしていって欲しいと思う私達、ファン一同です。

そして、今シーズンも日本一へ向かって頑張って欲しいです。

メルカリで続けて3件出品していたものが売れました。

昨日今日と、続けて良いタイミングでメルカリで出品していたものが売れました。今最終処分セールというものを自分の中で行っていて、かなりお安く値下げもしているので買ってくれる方が多いのだと思います。

今まで結構高い値段で出品していたのでそこまで売れませんでしたが、やっぱり安くすればするほど売れますね。本当はもう少し高く売りたかったですが、もう必要ないものなので手元にある方よりも購入者のことを考えて安くしました。送料も一番安い方法を考えて、なるべく送料で値段が撮られないように工夫しました。

私はよく、クリックポストを使うのですが、今度9月から値上がりするそうですね。困ってしまいます。なので、贈り方を変えようかなと思います。クリックポストよりも、ゆうゆうメルカリ便のほうがひょっとしたら安くなるかも知れないので、そのあたりは数十円の差ですがその差もきちんと考えていきたいと思っています。

塵も積もれば山となる、継続は力なり、という言葉を肝に銘じて、これからもメルカリで出品していけたら良いなと思っています。私は結構細かいことが好きなので、性にあっているのだと思います。メルカリがあって本当に良かったと思っています。