メルカリで儲かって嬉しいけど将来性を考えて他のマネタイズもする

メルカリでの本の販売が好調です。

昨日、一昨日と2日続けて3つずつ商品を発送することになり、今日は1つ発送の手続きに行きます。

よく売れる理由はゴールデンウィークの時に売れた数だけクーポンがもらえるイベントがあり、その報酬が最近付与されたことと、現在出品した数と売れた数によりもらえるポイントとクーポンの額が増えるイベントが開催されているため、たくさん出品しているからです。

出品してすぐ売れた時は驚きと嬉しさでたまらない気分になります。

そしてよく貯まった報酬を見てにんまりするのですが、その一方でふと虚しい気分になり、その理由は出品する商品には限りがあるし、仕入れをするにはお金がかかりますし、これで不労所得を作れる可能性が少ないことです。

それよりも不労所得になる可能性が高いネットビジネスに精を出すべきではないかと思い、現在はグーグルアドセンスを張ったブログの記事を書いています。

ブログアフィリエイトで成功するには2000~3000文字の記事をたくさん投稿しないといけないそうで、現在書いている記事の文字数を計ってみると2300文字を超えていることが分かりにんまりしました。

そのブログは去年数記事更新してから放置していたのですが、ひと記事の文字数が多かったせいか継続的に収益を出してくれていたのでこれからまた頑張って投稿していこうと思います。

最近手抜きしてたなぁ、今日はカレーだからいいよね

今日はカレーにしておきました。きっとこれで文句は出ないでしょう。最近、お昼に出かけることが多く一応食べるものは買っておいたり、お金を渡したりしているのですが正直手抜き状態でした。父もおこずかいを持っているので自分で買うのもたまには楽しいみたいで特に文句を言われてはいませんが、さすがに続くと気兼ねします。

今日もお昼前に出かけたのですが、帰りは早く帰れました。さすがに夜遅くなると2食なしになるのでよかったです。用意しておいたものがあったのですが、それは食べずインスタントラーメンを食べたようでした。洗い物が台所に置いてあって父は出かけていたので詳しくは聞いていませんが。

とりあえず早く帰れたので、父がまたカレーが食べたいと言っていたので夕飯に作ることにしました。知り合いのお土産でらっきょをもらい、ちょっと美味しいものだったのでカレーと一緒に食べたいとのこと。インスタントカレーはたまに食べていましたが、最近家でカレーを作ってなかったので希望通りにしておきました。

明日の朝にも食べられるしわたしも助かるなぁ。ご飯は朝に炊いたので炊かなくていいし、カレーも作ってしまったので夕飯までの時間はちょっとゆっくりしようと思います。

ちょっとお仕置きをしようかな

今までで一番ひどい酔い方をした旦那にお仕置しよう。

今日は夜勤。明日の昼頃帰ってくる。

いつもは家にいて、ドアの前に待機して驚かせるのが定番になりつつある。でも、そんなんじゃぬるいな~。

休みはひきこもってるから、連絡無視で家にもいなかったら気になるだろう。家の工事も始まって、ガンガンうるさいし。

どっか出かけようとは思ってるんだけど、どこに行くかが決まらない。

夕方まで帰らなくていいような用事って何だろう?美容院にでも行こうかなと思ったけど、髪型決まらないし、パーマもまだもってるしな。のびてきて気になると言えば気になるが。

明日はまだ平日か。なんか、仕事もまったりだったせいもあって、金曜日感が半端ない。

一人カラオケかな。

図書館で別世界に入るか。

一人で楽しんできたら、たまには必要だよねと言いながら、置いて行かれてさみしいって言いそう。

旦那が実家で用事してきて帰りが遅いってオチかもしれないけどね。

また職場の頼まれごともしてたしな。

そんなに頼むなら、特別手当を出せって言いたくなるわ。ほかに上手くないけど、やれる人いるんだからそっちに頼めばいいじゃんと思うけどね。

引き受けちゃうんだよね、全く。

さて、どうなることやら。

ランチの時間憧れの友人に心を揺さぶられて良かった、これからも意識的に行動を起こして自分を磨きたい

最近怠けていた爪への気遣い、久々のネイルとあって気合いが入っている私です。

いつもケアをお願いしているお店が入っているビルの前に到着しました。

ふと爪に目をやると悲しいくらいボロボロな状態に、女性としての魅力が減ってしまったように感じます。

今日時間を作り爪のケアに来たのは、昼休みにテラス席があるお店でランチをしている時、晴れていて心地よかっただけでなく、その日の光が友人の爪を飾るストーンに反射してキラキラと輝き、「いつも忙しくても爪のケアを忘れないなんて女性の鏡だわ」と心を揺さぶられたからです。

友人は、爪だけでなくファッションにしてもさりげなくセンスが溢れるものばかりを身に着けていて、言葉遣いや周囲への気遣いや思いやりまでもが素敵で、入社当時から同世代ですが私の憧れの人。

その上仕事まででき、ちょっと天然なのがまた魅力的な女性です。

ちょっとでも憧れの友人に近づく為ネイルサロンがある4階に向かいました。

お店のドアを開くと、受付にいつも優しい笑顔で私を迎えてくれる担当ネイリストの方が待っています。

「お久しぶりです」と声をかけられ席へと案内されながら、「今日は基本のケアですか?それとも別のメニューになさいますか?」と聞かれて、掲げた目標を実行するため「さりげないながらも少しこだわりを感じ、上品なデザインのものにしたいです」と答えました。

担当部署が営業ということもあり、少しこだわりがあるものといってもお客様に不快感を与えてしまうものは避けます。

ですからベースの色は、華やかさを感じさっせながらも落ち着いたピンクベージュを選び、ストーンも数本の指にだけ控えめにのせることにしました。

施術が始まりネイリストさんのおかげで、私のボロボロで情けなかった爪が徐々に美しく変化していきます。

ストーンで彩る爪は両手の薬指と小指です。

一粒一粒ストーンがのせられていく旅に私の爪が「やっと女性らしさを取り戻したね」と喜んでいるように見えました。

少しささくれが出来ていたような心も穏やかさを取り戻してくれています。

やはり女性は、こういった爪のケアなどをしてあげるだけでこんなにも心身の状態が変わってくれるものなんだと痛感した私。

ネイルサロンを出て駅へ向かう途中、きれいに整った自分の爪をすれ違う人に見せたくて仕方なかったようで、無意識に手がその人たちの目に触れるような格好でポーズを取っていました。

自分の中では少し女っぷりが上がったような気分でご機嫌ですし、明日からの仕事への活力まで沸いています。

憧れの友人が心を揺さぶってくれたことが、こんなに大きな変化をもたらすことなどランチの時までは想像しませんでしたが、少しでも意識を変えて行動すると自分への意外なプレゼントが与えられるのだと感じた1日です。

まだまだ知らない病気がある

ここ最近、息子の体調がずっと良くなくて夕方になると高熱を出してました。

目も目やにが酷くて眼科に行ったら風邪からくる結膜炎でしょうということで、疑ってなかったんですがあまりにも高熱が続くのでもう一度小児科で診てもらったらアデノウイルスでした。

子供四人目にして初アデノウイルスで、名前くらいしか聞いたことなくてどんな病気なのかサッパリわからず…でも、病院の先生が小さな冊子を出して説明してくれました!

先月も溶連菌に初めてかかり同じ先生に説明してもらったんですが、上の子たちが風邪以外の病気に今までかかってなかったんだなって実感しました。

アデノウイルスは感染力が強くて、インフルエンザと同じ解熱後2日は保育園に行くことができないので、今は息子と家で療養中です。

熱があっても割と元気なので、家の中で大人しくしてくれないのが困ってますが…特効薬はないから熱が下がるまではどこも行けないし、遊びたくて仕方ない息子をどうやってなだめようかが一番の問題です。

会社を休ませてもらってるので早く良くなってもらって元気に登園してほしいです。

息子はあまり身体が丈夫ではないみたいなのでこれからも色んな病気になりそうですが、少しずつ丈夫な体になっていってほしいです。

最近、楽天のカードを作ろうかどうしようか迷っています。

私は最近、楽天のカードを作ろうかどうしようか迷っています。

恐らくほとんどのかたが作っているかと思います。しかしかし私はまだ作っていないんです。楽天の方がいろいろなめんで便利だとはずっと昔から思っていたのですが、クレジットカードをこれ以上増やしたくないという点と、作りのであればひとつ退会してから作ろうと思っています。

あまりたくさんあってもあたふたしてしまうので。

この先使えるカードだと感じているので、近々作ろうと思います。そして、使ってみてやっぱり便利だったら使い続けようと思います。ちなみに今持っているカードは、2つあって、ひとつはイオンのカードなんですがポイントがたまりにくくていかいづらいのでやめようと思っています。主婦だからと言って作りましたが、やっぱりそこまでイオンを利用するわけでもなかったので作り替えるとしたらそちらをやめようと考えています。みなさんはカードどのくらい作っていますか?

アンケートをとってみたいな、と思う今日この頃です。この先長く使えてポイントがよくたまるカードを探したいと思います。現金よりも最近カードを使う方が多くなっているので、賢い使い方をしていきたいな、と思っているところです。

食後に寝転がれない理由、卑しさとは

私は、ひどい便秘です。

そして、自分の便秘になるパターンを知っているがために、食後は寝転がらない、野菜や菓子系ばかり食べない、かといって全く取らないのもダメ、やる気ゼロの日でも数分でも良いので動くなど色々自己管理が必要な歳になってきているな?と感じます。

昔は、学校に行く途中や特に意識しなくてもお腹が張っているなという辛さは味わったことがありませんでした。それが、いつからでしょうか、パンパンのお腹を抱えてスカートやスーツ、職場の制服ズボンのホックを締めなくてはならなくなりました。これがなんともきつい。精神的にも…なんていうか、こんなお腹パンパンでどんだけ食ったんだよと思われるのが恥ずかしいのです。食にだらしない人というのは蔑んで見られる傾向が先進国だけか分かりませんが、ございます。それは、まず太っていると必ず付いてくる視線となるでしょう。趣味は食べること、でも見た目が美しければ、適量を楽しんでいる方なのだな、とあまりいやしく見られず、それどころか親しみやすいチャーミングなキャラクターとして見られるのです。例として、食いしん坊キャラのアイドルや太りすぎていない時の某女子アナなどがそうかと思います。

私は、吉高由里子さんが大好きなのですが、彼女が牡蠣が好きだとパクパク食べているのを見てもなんの嫌悪感も持ちません。しかし、それが太った芸人などになると、だから…とかやっば…といったデブフィルターがかかり、とたんにただだらしない人というレッテルが貼られるのです。これは、日本などの美意識からくる所も多い視点だと思います。昔ならば、食い扶持を減らす邪魔者という扱いもあったかと思いますが、飽食の今、人はどれだけ食べずにいられるかに価値を置く様になっていると思います。

朝、昼抜いて働いて夜やっとご飯にありつけた…というと、普段と業務量は変わらなくても何か大層頑張った様なやり切った感がみなぎるのです。私はですが、そう感じています。

?時間しか寝てねぇ、という自慢がしつこいという意見もよく見ますが、その達成感も似たものがある気がしています。

何かを我慢する時間・頻度が高いほど美徳とされる、その様な世の中なのだなぁとつくづく不思議に思うのでした。