眼鏡カップル要注意!遊園地で眼鏡が飛ぶ!ジェットコースターで眼鏡は外して。

カップルデートの定番の遊園地。動物園と遊園地が両方楽しめる東武動物公園に行ってきました。

※遊園地に行くときは眼鏡ケースを持って行き、乗り物に乗るときは眼鏡はロッカーに預けましょう

これが遊園地デートの教訓です。

ジェットコースターの係員さんに、

「眼鏡外した方がいいですか?」

そう聞いてみたものの、

「んー。大丈夫じゃないですか、たぶん。」

たぶん?嫌な予感がしたけれどまあ、他の人も眼鏡したまま乗ってるし大丈夫でしょと二人でジェットコースターに。

結論。

眼鏡押さえてないと、確実に眼鏡飛んで落ちてました。

ジェットコースターって下から浮き上がるような風が吹くので、眼鏡が上に浮くんです。落下と同時に眼鏡が浮き上がって、慌てて眼鏡を片手で支えました。

同じジェットコースターに乗った眼鏡の人はほぼ全員、

「眼鏡が危なかった」

「眼鏡落ちたら帰り運転出来ない」

など、やっぱり危なかったみたいです。係員さんに眼鏡掛けてる人が誰もいなかったので、きっと眼鏡が飛ぶか分からないんでしょう。

自分の眼鏡は自分で守らないとねと思いました。

叫んだり怖いとか言う以前に、眼鏡ないとほとんど見えない私と彼氏は眼鏡守るのに必死でした。ジェットコースター自体は楽しめたんですが、眼鏡が気になって楽しさ半減。

群馬県のシンママは再婚社向けの婚活サービスで出会いを探そう!

彼氏も私も絶叫系は平気な方なので、眼鏡をロッカーに預けてジェットコースターにもう一度チャレンジしました。裸眼で景色はぼやけるけれど、今度は思いっきり眼鏡を気にせず楽しめました。

東武動物公園にはレールや骨組みが木製の大きくて長いジェットコースターと、黄緑色の塗装で金属製の上下に激しく揺れる短いジェットコースターのふたつがあります。他に、子どもさん用の怖くないトロッコみたいなものもあったかもしれません。

子どもさん用は分かりませんが、乗り物は基本、眼鏡を外した方がいいです。遠心力で回転するブランコのような乗り物も高さが上がったり下がったりするときに眼鏡が浮きます。

観覧車は眼鏡したままで大丈夫です。キスするならここです。おすすめポイントはてっぺん付近です。てっぺんは前後のゴンドラから見えづらいので、恥ずかしがり屋さんも大丈夫です。

ま、慣れなくてキスするときに鼻だけでなく、眼鏡もぶつかる、これもご愛嬌です。初々しくていいじゃないですか。

東武動物公園はかなり見るところがたくさんあるので、動物園をメインにするのか、遊園地をメインにするのか決めておいた方がいいです。じっくり見てると動物園だけで時間がなくなります。

どっちもそこそこ楽しみたい人は、動物園はホワイトタイガーやエミュー、ペンギン、アルパカ、カピバラなど任期動物をメインにさっと回って、遊園地もジェットコースターや観覧車をメインにすると両方楽しめます。

印象を変えたい人はコンタクトレンズで遊園地デートするのもいいですね。コンタクトが合わないときのために予備の眼鏡は持っていったほうがいいですが、コンタクトレンズならジェットコースターからの景色もクリアに見えるかもしれません。

命の恩人との叶わなかった恋。来世で一緒になろうと泣きながら約束した。

私には、大好きな人がいた。

19のころ。元カレの酷いデートDVに耐え続けて、「もう死んじゃってもいいかなー」

なんて思うくらいに追い詰められてた時、バイト先の常連さんが私を心配してくれた。

「どうした?なんかあった?」

「え?」

「目が死んでる。いつも楽しそうなふりしてるけど、辛そう。」

気だるげだけど優しい声をしたその人になら、誰にも言えなかったことを話せるかもしれない、と思って

思い切って全てを打ち明けた。長袖を着ていないと隠せない腕のあざも見せた。

そこからは早かった。その人が気が付いたら全てを終わらせてくれた。

告白されて、すぐにOKした。

新しい引っ越し先は、彼の家だった。

毎日が楽しくて幸せだったけど、1年たったころ、ある日突然終わりを迎えた。

私のことを心配した両親が、強引に見合いを進めたのだ。

逆らうことはできなかった。彼の話もしたけど、

「稼ぎが違う」「学歴が悪い」と相手にされなかった。

泣きながら、彼に事情を話した。

彼は、寂しそうに「ごめんね」と言った。引きとめてはくれなかった。

家を出る前日の夜に、彼からプレゼントをもらった。

指輪だ。でもそれは、薬指ではなくて小指にぴったりの、ピンキーリング。

「これから君がもっと幸せになれますように」

「薬指の指輪は、来世で一緒になったらね」

今思うと恥ずかしい言葉だけど、当時の私には胸がえぐられそうなほど悲しくて、寂しくて。

その日は一晩中泣き続けて、彼の腕の中で眠った。

次の朝は、彼が寝ている間に出て行った。

もらった指輪は、今でも私の小指で輝いている。
ここでの出会いを考えている⇒料理教室は美女との出会いの場?参加者の口コミから分かった真実は?

好きな人となら挨拶だけでもいいから毎日話したい

好きな人の存在って、本当に不思議なものです。

その人のことを考えるだけで嬉しくなったり悲しくなったりします。

そして、挨拶だけでもいいから、「毎日話したいな」と思ってしまいます。

LINEのようなSNSができてからは、以前より、誰かと連絡を取ることが簡単になりました。

だからといって用事がない相手には、毎日連絡したりはできないですよね。

挨拶したい、話したい、と思っても、なかなか勇気が出ないものです。

だからこそ、好きな人から連絡があると、とても嬉しくなってしまいます。

たったひとこと「おはよう」という連絡があるだけでも、すごく嬉しい気持ちになるし、毎日それがあったらいいのに、と思えるし、1日頑張れるような気がします。

今日は、久々に好きな人から「おはよう」とLINEが来ていました。

それだけで喜んでいるなんてまるで子供みたいだな、と自分でも呆れてしまいます。

でも嬉しいものは仕方ありません。

あまり難しい話もせず、ただダラダラと連絡が取れたらそれだけで幸せです。

この恋が叶うとは思っていないので、とても寂しい気持ちになることはあります。

それでも、少しでも長く楽しい日々が続いてくれることを心から願っています。
ほんとはこういうのもあり笑⇒医者との出会いが見つかる婚活サービス!

「過去世で恋人同士だった男性」が、夫だった!

私たち夫婦は、いわゆる婚活サイトで出会って付き合って、結婚に至った夫婦です。

ただ、その婚活サイトで活動している時に、お互いに普段は全くしない行動をしたのがきっかけだったので、「どうしてだったのかな?」とずっと話していました。

普段はしない行動というのは、当時私は喫煙者だったのですが、非喫煙者を検索していた夫が、「ちょっと気が向いてチェックを外したら、奥さんが出てきたよ」と言っていました。

普通は、「それでも喫煙者は……」と思ってスルーすると思うのですが、夫はスルーしないで、メッセージを送ってくれました。

私の方は、夫のプロフィール写真が全然好みでなかったけれど、もらったメッセージがとても丁寧で感動して、「返事をしなければ」と思って返事をしました。

結局その半年くらい後に初めて会い、次の年のバレンタインに付き合うことになり……、と、結婚して今に至るのですが。

その話を、以前働いていた職場の先輩に話したところ、「何か運命だったかもよー?!」と言って、個人で活動している占い師さんを紹介してくれました。

「運命」という言葉にドキッとした私は、先輩を通して予約を取ってもらい、占い師さんに会いに行きました。

最初は私一人のことを聞こうと思って行ったのですが、タロットカードを手元に置いたままの占い師さんの方から、「あら、旦那さん、以前にもあなたと恋仲だったね」と言われたのです!

まさか本当に「運命の人」だったとは思っていなかったので、思わず「えー!」と言ってしまいました。

「ヨーロッパの方で奴隷制度があった頃。二人ともガリガリで、貧しかったみたい。ボロボロの服を着てる。10代の中頃かな?将来を誓い合った仲で、でも二人とも若くして亡くなってる」と、占い師さんは私の目を真っ直ぐに見ながら、言いました。

「旦那さんは、死ぬときにあなたと『次に生まれ変わったら結婚しよう』って言って、死んでいったみたいね。だから今、あなたと結婚出来たことが嬉しくて、あなたのことが大好きで、仕方ないのよ。その反面、失うことがものすごく怖いみたい。離れると不安がるでしょう?」……。

占い師さんの言葉に、本当に手が震えてしまうほど驚いて、そして、嬉しい気持ちと感激の気持ちが沸き上がって来ました。

確かに夫は私のことが大好きで、そして、私一人で出かける時はものすごく心配します。

一人で出かけることを心配しているのかと思っていたのですが、「自分の知らないところで失うことがあったら、嫌だ」と思っている、表れだったようです。

「旦那さんは、本当に良いパートナーよ。あなたが『こんなに私のことを大好きで良いのだろうか?』なんて、心配しなくても良いくらい。ただ、あなたも健康には十分気を付けて。旦那さんを置いていなくなるようなことがあったら、……想像つくでしょう?」と言う占い師さんの言葉は、今も私の中を強く支える柱のようなものになっています。

「前世」とか「過去世」とか、ぼんやりしか分かっていなかった私自身が、婚活サイトで夫と知り合ったことだけでミラクルだったのに、「過去世で恋人だった男性=夫」だったなんて!

こういうことってあるんですね!こんなサイトも気になってます。。。

独身ですので、自由に恋愛はできる

今私は62歳,妻を病気で亡くして、5年がたちます。

独身ですので、自由に恋愛はできるのですが、なかなか大変です。

現在、色々なサークルに、加入していますが、その中の方と言っても、年が、一つ下のです。

お付き合いを、お願いするのに、物凄くドキドキするのですね。

まるで、高校生時代の様に、そんな思いをしながら、皆に内緒での、お付き合いをしています。

最初のデートは、お蕎麦を食べに、ちょっと遠くの、有名店までが、初めての、デートらしきものでした。

ところで、不倫では、ありません。ここは気になる⇒バツイチ婚活情報局 | 再婚相手が見つかる出会いの場を紹介

彼女右派、バツイチですので、付き合っていることを隠す必要もないのですが、今のところは、どちらも、再婚の意思はありません。

このまま秘密に、して付き合っているのが、お互いに、ベストなのかと思っています。

二回目の、デートは、公園へのデートでした、お互いに、弁当らしきものを持ち寄りのデートです。

結構ロマンチック派なのです。その後はお互いの趣味である、スポーツへの参加などを、一緒に楽しんでいます。

毎朝彼女からくるメールを楽しみにしている毎日です。この年で、この様な、ロマンチック系の恋愛は、変ですか。

何を思ったか僕とランチしてくれた

年上の綺麗系美女と中華料理に行きました。

使ったのは恋活アプリのOmiai。

200近いいいねをもらっている人気会員さんでしたが、何を思ったか僕とランチしてくれた訳です(笑)

かなりモテそうな感じで、そんなに男に困っている印象は受けませんでしたね。

恐らく結構な数の男性からアプローチされてそう。

性格がちょっと似ているというか、お互い真面目過ぎるかなって感じもあって、イマイチ会話は盛り上がらず。

まあ、徐々に時間をかけて打ち解けていくタイプの女性なのかなと思います。

ただ、僕が結構人見知りなタイプなので、最初からガンガン気軽に話せる相手のほうが、こっちは良いんですよね。

もちろん美人ってのは大事だけど、気を使わないで一緒にいれることの方がもっと大事だと思います。

あと、デートの後のお礼に対する返信がやたら遅かったのも気になるな。

タイミング的には家についたくらいに送っているんですけどね。

恐らく失格の烙印を押されたような気がするし、別に他の出会いもデートの予定もあるからいいんだけど、ちょっと馴れ馴れしい感じで連絡送ってみて、スルーされたので次行こう、次って感じです。

恋活アプリを使えば正直出会いは無限にあるから、全ては経験だと思って、自分自身の成長の糧に出来ればと思います。失敗から学ぶにはベストなサイト⇒http://www.imrtdradioworldwide.com/