夏のスキンケア対策を紹介します。

女性にとっては、夏の陽射しが強烈で、汗や皮脂の分泌が気になる季節ですね。

夏のお肌の状態は、熱くなったりベタベタして肌のケアが大変です。

http://jrenzella.com/

私は外出先では必ずタオルを持参します。ここで私は長年間違っていたことを紹介します。

それは、汗を掻いたら擦ってしまうことです。力を入れて擦ったほうがスッキリするので、やっていましたが、調べて見ると汗を掻いた肌の角質層は水分を含めているのでふやけています。ふやけた角質層に力を入れて擦って拭くと、肌が傷つきやすくなります。

これからは、擦るのではなく軽く抑えるようにします。

夏は冬とくらべて汗と分泌が盛んなので、夏は気温が高いので肌が潤っていると思っていませんか?それは、大きな勘違いで見た感じでは肌が潤っているように見えますが、内側はカラカラに乾燥しているのが夏の肌の特徴です。

夏の美肌作りのポイントは、日焼け止めを徹底することです。夏の紫外線は曇りでも雨でも関係なく高い数値を放出しています。私の紫外線のイメージは、晴れでしたが、曇りでも雨でも関係ないというのは初めて知りました。

夏はベタベタするから化粧水の量を減らすのは、スキンケアの対策にはなりません。

化粧水の量が少ないと、肌の水分量と皮脂のバランスが崩れてしまいます。

肌につける化粧水は、たっぷりつけましょう。たっぷりつけることで、角質層を潤いで満たしてくれます。