無償化無償化と叫ばれていますが、本当に必要な世帯だけにしてほしいです。

大学無償化には「高校の授業成績だけでなく学習意欲も考慮」とのことだそうです。昨日、ニュースでやっていました。もうつっこみどころ満載と思いませんか。学習意欲はどうやって判断するのでしょうか?面接でもするのかな?面接したってその時だけ意欲見せればいいとかいろいろありそう。大学無償化とか高校無償化とかそんなことばかりですよね。お子さんがいる世帯と独身の方やお子さんができなかった世帯にその税金の負担を強いるのって不公平があるような気がするのですが。それならば基本皆さんが受け取る予定の年金額をできればあげてほしいのですが。

無償化って本当に本当に大学行きたくて苦しい世帯だけに手当してあげればいいのにと思ってしまいます。高校の時、授業料無償化の世帯がけっこういたのですが、無償化の必要がなさそうな家が多かったですよ。そういう人のうちこそお子さんはディズニーにしょっちゅう行き、友だちといつも高そうな食事をしていましたよ。なんだよ、これって思います。本当に。非課税世帯で本当に困っている世帯だけに絞ってほしいのですよね。親の土地を譲り受け、住宅ローンに悩まされず、ウハウハ生活している人に授業料無償化って本当に不公平だと思うのです。

こういう声って結局届かないのですよね。高校も大学も数が多すぎます。大学をもっと減らしたほうがいいですよ。全然勉強しなくて遊んでばかりいた人がみんな大学進学していて、びっくりしてしまうほどですからね。世の中、器用に立ち回れれば何でもありなのかな。不器用な人間からしてみると最近、そんなことを思ってしまいます。