人が倒れていたら焦る

学校の授業で、人工呼吸について習った経験があります。でね、思ったこと。実際に目の前で人が倒れていたら、パニックになって逃げます。わたしの弟は病弱で、よく救急車を呼んでいました。電話をかけるも、声が震えて上手く喋れない。

何回くり返しても同じでした。身内ですら、恐怖で震えてしまうんです。赤の他人だったら、なおさら反応できません。今までにも、目の前で知らない人が倒れた経験はあります。本当に何も出来ません。口をポカンとあけて、見つめるだけ。

馬鹿みたいですが、驚くのに精一杯なんです。救急車とか人を呼ぶとか、そんな事は考えられません。見ている事しか出来ない。口からは「え、なんで」と漏れだす声。なんとか、まわりの人に視線で訴える。ようやく気づいてくれた人が救助活動をしているのを見ているだけ。

よくニュース映像で、事故現場を見ているだけの人が居ますが、本当にああなります。見捨てているわけじゃなく、あまりのショックに固まってしまうんですよ。すぐに救助活動を開始できる人は、本当に強い人です。わたしにはムリですね。

たとえば、人が血だらけで倒れていたら、救助うんぬんより逃げてしまうかも知れません。怪我にしろ病気にしろ、人が倒れている姿は怖いと感じてしまいます。できる事なら、わたしの目の前でぐらい誰も倒れないでくれると嬉しいですね。