行列に並んでまでも食べたいもの

最近、家の近くのエリアが飲食店で賑わい若者の人気のスポットとして注目されている様で、バラエティ番組などでタレントさんが街を歩いて紹介したり、お店の人気メニューを堪能したりする番組でもよく取り上げられています。

見た番組の中でスイーツ店で多い時で行列4時間待ちだとか。

友達もたまたま同じ番組を見た様で、行ってみたいねなんて話しましたが、さすがに4時間は待てないねとの事で、テレビの影響が収まった頃に機会があればという事になりました。

やはりSNSの普及で流行りのお店の情報が飛び交いすぐに行列店になってしまうんだねと話しました。

もちろん一人や二人の紹介で火が付くとは思いませんが、もしも自分の馴染みのお気に入り店が紹介され行列店になってしまったら、今まで気軽に行っていた店に行けなくなるのはイヤだなぁと思ってしまいました。

元々、行列に並んでまでというタイプですので普段は並ぶ事はありません。

日本初上陸!と銘打ったスイーツが出来、長蛇の列に並ぶ様々な世代の人達を通りすがりに見る側です。

噂を聞いて友達とやって来た十代の子達や、彼女に付き合って並んであげる彼、お孫さんとおばあちゃん様々です。

きっと、スイーツの味は元より並ぶ時間やその間に交わされる会話もいい思い出なんだろうなと思います。

私もこれまで過去3回行列に並び2時間近く待った事があります。

一度目は主人との初デート。

餃子で有名な町へ出向き、あらかじめ決めておいた店に並びました。

まさに並ぶ時間もいい思い出で今でもはっきり覚えています。

二度目は地方から遊びに来た友人のリクエストで当時走りだったパンケーキのお店。

正直、パンケーキにはあまり興味はありませんでしたが、友人の喜ぶ姿に待ち時間も帳消しとなりました。

三度目は海鮮丼の人気店。

長い間待った甲斐があり席に通される時の気分は最高で、店の方は繁盛店でもありなんら普段と変わりない接客でしょうが、待たずにすんなり席に通されては味わえないであろう特別なもてなしを受けている様で心もお腹もとても満たされました。

そんなに何時間も並ぶなんてと思いながらテレビを観ていましが、案外行列に並ぶ事は嫌いでもないのかも知れないと自分の新たな一面に気づきました。