高額医療費の還付金の申請手続きについて

区役所からピンクの封筒が届いた。

何かと思って中を開けると、高額医療費の還付だと。

そういえばその月は白内障の手術をしたのだ。

かかった金額は1万5千円ちょっとだった。その他いつものクリニック等に通よっていた。

それらが積み重なって1万2千円を超えたのだ。

その超えた分が戻ってくるのだ。

今後は1万2千円から金額が上がるとか言っていた。

このような還付金も戻ってくるのもこれが最後だろうと思った。

後は大きな手術等をしたときだろう。

そこで必要事項を記入し、捺印しておいた。

また区役所に行くのには身分証明書、印章、銀行の通帳が必要だと思った。

これらを事前に準備しておいた。

暇な日に区役所に行くことにした。

敬老パスでバスに乗り最寄りの駅に行った。

そこからちょっと歩いて区役所へ。

2階に上がり専用の窓口に行った。

自動で番号札を取るのだ。

たまに行くのでタッチ仕方が分からなかった。

違う所をタッチしていた所、待っている奥さんがここをタッチするのだと教えてくれた。

ちょっと分かりにくい自動の番号札取り機だと思った。

その後同じく分からない人が数人いた。ああ私だけではないのだと思った。

やはり表示がちょっと分かりにくいのだ。

私の番は19人待ち。すごい多くの人が来ているものだと思った。

これで医療費の還付金詐欺にひっかかる人がまだまだ多いとか。

この還付は自分でいったん病院等で払った分の一定金額以上の分が戻ってくるものだ。

自分でその月に病院にどのくらいかかったかは分かりそうなものだが・・・

約30分以上待たされた。一人で何分もかかっている人もいる。事前に記入してこなかったのだろう。

私の隣に座っている人は身分証明書を持ってきていなかったので、家に帰って持ってきたとか。

やがて私の番になった。私は事前に必要事項を書いていったので、記入事項と身分証明書と銀行の通帳等を照合するだけだ。

私のは1分で済んでしまった。

お姉さんが皆このように事前に書いてくれると助かるのですがと言っていた。

約1か月~2か月後に振り込まられると。

お礼を言って区役所を後にした。

少しでも戻ってくれば助かると感じた。